スペイン巡礼

スペイン巡礼で荷物を送るサービスは信用できない?注意点は?

更新日:

カミーノを歩くんだけど、出発直前になって10㎏近い荷物を背負って歩けるのか自信がない。

自分が実際にどのくらいのペースで歩けるのかも分からないから宿もちゃんと決めてない。

そんな状況で、荷物移送サービスって利用できるの?いずれにしても現地の荷物移送システムがよく分からないし、荷物がちゃんと届かなかったらどうしようっていう不安もある。実際のところどうなの?

というあなたの質問にお答えします。

 

本文を読めば、

  • 巡礼路の荷物サービスの仕組みが分かる。
  • 自分は荷物移送サービスを利用するかしないか決められる。
  • どんな状況で荷物移送を使ったらいいかがわかる。
  • 利用する時の注意点も事前にわかる。

ので、是非参考にして下さい。

巡礼路の荷物移送サービスの種類は?

  • 出発日から最終日まで巡礼行程に沿って荷物を運んでもらう。
  • 難易度の高い行程だけ使う。
  • 疲れて来たので、○○村~▲▲村までの2区間を使う。
  • 荷物が多くて、巡礼中に必要ないものはサンティアゴ郵便局に局留めで送る。

と、各巡礼者のニーズに合わせて色々な使い方が可能です。

 

この点を踏まえた上で、巡礼の行程に沿って順番に村から村へ荷物を送る場合と、

 

特定の期間だけ利用する場合のメリットとデメリットを説明します。

 

巡礼行程に沿って荷物を送るメリットとデメリット

こんな人におすすめ

  • 荷物が軽い状態で歩くことに集中したい人。
  • 背中に問題がある人など重い荷物が背負えない人。
  • 巡礼の期間が決まっているので、事前に宿なども全部手配した状態の人。

こんな人は利用しない方がいい

  • 歩くペースが分からないので、出発前に毎日の宿泊場所や最低どの村に行くかも分からない人。
  • 巡礼中は、自分の自由に日々泊まる村や予定を決めたい人。

 

カミーノの荷物移送を行う会社はいくつもありますので、全てのケースは把握できませんが、

 

国内の小さな村々にオフィスを持つ郵便局(Correos)の移送サービスが有名です。

 

午前8時までに、指定の場所にあなたの名前が入った郵便局のタグをつけて置いておけば

 

次の場所まで荷物を運んでくれます。

 

巡礼中の特定の期間だけ荷物移送を利用するメリット

明日の行程は、この道最大の難所。荷物を出来るだけ軽い状態にして時間通りに目的地に着きたい。

なんて言う場合に、荷物を送れたらとても便利ですよね。

 

1区間だけなら料金も安いので上手く利用した方がいいでしょう。

 

しかし、特定区間のみの利用だと、デメリットとというよりも利用方法が分からなくて戸惑う人が多いはず。

 

そこで、巡礼の途中から荷物移送サービスを利用したい場合に知っておきたい点や利用方法を説明します。

 

荷物移送サービスで知っておきたい点

公設アルベルゲに荷物は送れない

しかし、公営アルベルゲ横にあるバルに送られ巡礼者が取りに行くまでそこで保管してくれるようです。

女性巡礼者のコメント

公営アルベルゲに泊まった時、隣のバル内部で荷物を取ってくれていました。その日はそこで食事をしてお店の人とコミュニケーションをとり、翌日朝の荷物のピックアップもお願いねと頼みました。

私設アルベルゲは泊まっていなくても送れる

女性巡礼者のコメント

理想的なのは送った先のアルベルゲでそのまま泊まるという流れですが、ベッドがなくて泊まれなくても荷物を預けることはできます。送り先がまだ確定できないけど、荷物を送りたい時は覚えておくといいでしょう。

 

実際に荷物移送サービスの利用方法と注意点

荷物移送サービスで郵便局が有名と言いましたが、現地で他にも色んな会社があることが分かります。

 

何らかの理由で届かなかった場合、依頼した会社の名前や連絡先が分からなくて困るのはあなたです。

 

どの会社を使うのか、配送依頼票を写真に撮っておくなどの対応をしましょう。

 

そして、自分で郵便局のサービスを利用する際にひとつ注意点があります。

ある女性巡礼者のコメント

ある村のアルベルゲから郵便局の封筒を使って、荷物移送の依頼をしました。他の巡礼者と同じようにレセプションに荷物を置いたのに、荷物が届かなくて2日間バックパックなしで歩きました。

宿の人に相談して郵便局に連絡してもらったところ…『事前にこの場所に取りに来てくれという連絡がないと取りに行きません。』との対応でした。

韓国人の巡礼者たちは、他の会社を利用して問題なく荷物が届いていました。各アルベルゲと懇意にしている運送会社を使った方がピックアップの連絡をせずにちゃんと持って来てくれたかもしれません。

 

なるほど。でも、荷物が届かないのは困る!荷物移送サービスって信用できるの?

と、今思った人はいませんか?

 

そんなあなたに、私の個人的な意見になりますが、良かったら次の部分も引き続きお読み下さい。

 

巡礼の荷物移送サービスは信用できない?

荷物が届かないなんてありえないから、自分の荷物は自分で100%管理する!

という方の言い分ももっともです。

 

一切利用しない、これもひとつの選択肢です。

 

カミーノ特化の旅行会社に働き始めてまだ2か月ほどですが、荷物が届かなかったケースは実際に1件ありました。

 

移送中に、タイヤがパンクして荷物を他の車に移し替えて到着が遅れたのです。

 

聞くところによると、週末に配達荷物が多くなり遅れる確率が高くなることもあるようですが…

 

巡礼者が多い5月に、少なくともサンティアゴで私が直面した問題はこの1件で、そんなに頻繁に起こることではありません。

 

サービスを利用する巡礼者が増える夏、状況がどうなるのか実際に経験していないので何とも言えませんが、

 

事前にピックアップ場所と送り先をハッキリ連絡していれば、現状を把握できるので荷物が二度と戻ってこないという状況はまず考えられません。

 

1週間以上宿から宿へ連続する移送サービスで全く問題なく大満足でサンティアゴへ到着するお客様を見ましたし、

 

初めて利用してみたら、荷物が届かなくて本当に大変だったとなる場合もあります。

 

お金を払って利用するので、ちゃんと荷物が届いているべきなのですが、トラブルはつきもの。

 

繰り返しになりますが…

  • 利用する会社の伝票を写真に撮っておくなどして連絡先をちゃんと持っておく。
  • 宿に毎日取りに来る(もしくは宿の人がすすめる)会社を利用する。
  • ピックアップの連絡をする。

など、最低限の注意を払ってサービスを利用するのがよいでしょう。

 

まとめ

  • 荷物移送のサービスは、巡礼行程に沿って宿から宿へ送ることや特定の区間だけの利用が可能。
  • 巡礼行程に沿って送る場合、事前に宿泊先などある程度の巡礼計画が明確であることが必要。
  • 公設アルベルゲへ荷物は送れないが、近くにあるバルで荷物を保管してくれる。
  • 私設アルベルゲへは宿泊しなくても荷物を送ることが出来る。
  • 郵便局のサービスを利用する時に、ピックアップの依頼をしないと取りに来てくれない。
  • 運送会社は沢山あるので、宿と懇意にしている会社を選ぶのもひとつの方法。
  • 荷物が届かない場合もあるので、送る際に伝票や荷物を置いた時の状況を写真に収めておくとよい。

 

今回の記事は、荷物移送サービスを実際に利用した女性巡礼者の実体験をもとに書きました。

他にも同サービスを利用した体験をお持ちの方がいましたら、コメント等で共有して頂ければ嬉しいです。

スペイン巡礼関連記事

サンティアゴ大聖堂と巡礼者
【スペイン巡礼】サリアへの行き方は?準備に役立つグループは?

続きを見る

スペイン巡礼の人気ルートや持ち物は?計画時に知りたい情報まとめ!

続きを見る

スペイン巡礼したいけどできない?自分が出来るカミーノとは?

続きを見る

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-スペイン巡礼
-,

Copyright© スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜 , 2019 All Rights Reserved.