サンティアゴ巡礼

スペイン巡礼イギリス人の道の歩き方①コルーニャ市内編

2018年1月10日

Coruña, galerias
コルーニャからイギリス人の道歩きたいんだけど、道の歩き方や注意点を教えて下さい。

という質問をいただき、コルーニャ市内のカミーノを実際に歩いてみました。

 

市街地のカミーノは、標識があっても他の看板にまぎれて目立たなかったりして難しいことがあります。

 

このルートは迷う巡礼者が多いという話を聞き、歩いてみたら私も道に迷いました(笑)

 

道に迷うと、気持ちが焦って巡礼を楽しめなくなりますので、コルーニャ市内のイギリス人の道ルートマップを作成し、出発地点からのカミーノの流れを詳しく書きました。

 

また、コルーニャ市内を楽しめる道の歩き方も提案しています。

 

本文を読めば、道に迷って大幅な時間ロスといった状況を回避できます。

 

是非、参考にして下さい。

コルーニャ市内の巡礼出発地点はどこ?

コルーニャの旧市街内にあるサンティアゴ教会(Iglesia de Santiago)です。

 

コルーニャの市役所があるマリア・ピタ広場の近くにあります。

 

教会でクレデンシャル(巡礼手帳)を購入し、スタンプを押してもらうことができます。

 

サンティアゴ教会での注意点

コルーニャ市内でスタンプを押せる場所が少ないので、ここのスタンプが欲しいところですが、教会が開いている時間にご注意ください。

  • 午前は、11:30~13:00
  • 午後は 18:30~19:30

 

朝は、教会が開く11時30分まで待てないと思うかもしれませんし、午後も1時間しか開いていません。

 

マリア・ピタ広場にある観光オフィスでスタンプをもらって出発するのもいいですが、早起きして教会が開くまで、市内観光を楽しむのもひとつの方法です。

 

教会に入ったら見て欲しいもの

Virgen de la Esperanza

(サンティアゴ教会のVirgen de la Esperanza)

教会に入ったら、

  • 授乳中の聖母「Virgen de la Lecha(ビルヘン・デ・ラ・レチェ)」
  • 大きなお腹に手を置く聖母「Virgen de la Esperanza(ビルヘン・デ・ラ・エスペランサ)」

を探してください。

 

どちらかの聖母像を置いている教会は沢山ありますが、2つの聖母像が見れるのはキリスト教界の中でも、コルーニャのサンティアゴ教会だけだそうです。

 

他にもヤコブ像などありますので、教会内部をよく見てから巡礼を始めて下さい。

 

コルーニャ市内のイギリス人の道の歩き方

サンティアゴ教会~フェルナンデス・ラトレ通り

サンティアゴ教会を出発し、フェルナンデス・ラトレ通りまでの道のりは下記のルートマップをご覧下さい。

 

しかし、このルートだとコルーニャを代表する景色を見る事が出来ません。

 

少し道をそれてもいいという場合、次に紹介するルートを歩いてみて下さい。

 

標識に従わずにコルーニャの景色を楽しむ道

サンティアゴ教会を出て前に見えるサンティアゴ通りを降りると、Avenida de Montoto(モントト大通り)に出ます。

 

標識通りに進むと、マリア・ピタ広場からレアル通りに入りますが、

  • step.1

    市役所を背にして前方左にある門を抜けてモントト通りへ出る

  • step.2

    モントト通りからマリナ大通りへとまっすく進む

と…

Coruña, galerias

 

コルーニャの特徴的なガラス張りのバルコニーであるガレリアスを楽しむことができます。

 

マリナ大通りの終わったら、次のようにオリジナルルートへ合流もできますが、

標識通りのルート

  • レアル通り(Rua Real)
  • カントン・グランデ通り(Rúa Canton Grande)
  • カントン・ペケニョ通り(Rúa Canton Pequeno)
  • サンチェス・ブレグア通り(Rúa Sanchez Bregua)

人通りが非常に多い道です。

 

もし、日差しの強い日に歩く場合は、木陰を求めて上記の通りと並行するメンデス・ヌネェス庭園(Jardines Méndez Nuñes)の散歩道を歩くのが個人的におすすめです。

 

コルーニャ港を左手にまっすぐ

 

公園を出た後、コルーニャ港を左手に見ながら上の画像にある坂道が見えてきますのでひたすら真っすぐ歩いて行きます。

 

そのうち、左手に「Eloy」というインテリアのお店と「MABOL」という洋服店の間に黄色い矢印が見えます。

 

緩やかに左側にカーブする道に沿って行くと、Avenida Fernandez Latorre(フェルナンデス・ラトレ大通り)へ入ります。

 

フェルナンデス・ラトレ通り~モネロス通り

 

フェルナンデス・ラトレ大通りからモネロス通り(Avenida de Monelos)まで、基本まっすぐ歩けばいいのですが、この区間も標識の数が少ないです。

 

マップの左上のアイコンを押すと通りの名前や標識のある地点をマークしていますので確認していただければと思います。

 

実際に歩いて分かりにくいと思ったポイントは下記の2か所です。

  • カバジェロス通り(Rua Caballeros)からモネロス通りへの入り方
  • モネロス通りでの誤った標識

 

モネロス通りへの入り方

 

カバジェロス通りに入ると少しして左手にバスステーションが見え、さらにまっすぐ行くと、

 

上の画像のロータリーが見えてきます。

 

ロータリーの彫刻を左手に見ながら広告の看板が立っている方に渡ります。

 

うまく説明できているかわかりませんが、坂道を少し上に登っていくと、矢印が見えます。

 

モロネス通りの紛らわしい標識

Avenida de Monelos(モネロス大通り)に入ったらひたすら真っすぐ歩きます。

 

ちょっと休憩したくなったら

モネロス通り63番(Av. Monelos, 63)に、PICNICというバルがあります。

飲み物を注文すると、普通・玉ねぎ入り・トマトとチーズとバジル入りのトルティージャから好きなものをおつまみでサービスしてくれます。

 

ルートマップで、バルの場所を画像付きでマークしていますのでご確認下さい。

 

 

このバルを過ぎてまっすぐ行くと途中で右(→)を示しているような矢印が見えます。

 

この少し後に横断歩道があったので、右へ渡ったらその後、私は道に迷いました。

 

直進せよの意味だったようですので、あなたはひたすら真っすぐ歩いてください。

 

左手に、Eroskiという大きなスーパーを見ながら直進すると、モホン(標識)が見えます。

 

この後、ちょっと人通りの少ない景観的にも素敵とは言えない道になりますが、ひたすら真っすぐ進むと、モネロス通りが終わってCarretera Estrada Eirisに入り、標識も見えます。

 

まとめ

  • サンティアゴ教会が開く時間が遅いので、ヘラクレスの塔や市内観光に時間を使うのがおすすめ。
  • 標識の道と並行する道になるが、晴れた日にガレリアスや木陰のある公園を歩くと気持ちがよい。
  • カントン・グランデ通りから途中で通りの名前は変わっていくが基本的に港を左手にまっすぐ歩く。
  • フェルナンデス・ラトレ通りからも真っすぐ道なりに歩いていく。
  • カバジェロス通りからモネロス大通りに入るポイントは、標識もなくわかりづらい。
  • モネロス通りで一か所右へ行く標識があるが、無視して真っすぐ歩く。

コルーニャ市内を出てクジェレードまで行きました。この区間の説明は下記の記事をご覧下さい。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オトラスペイン

サンティアゴ・デ・コンポステ-ラ在住。日本人で唯一のガリシア州公認観光ガイド。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で観光マネージメントの修士課程を修了。大学で日本人留学生のサポート業務の経験もあり。2019年にサンティアゴ巡礼専門の旅行会社に就職。夢は、夫と2人の子供を連れての家族カミーノ。詳しいプロフィールはこちら

-サンティアゴ巡礼
-, ,

© 2020 スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜