スペイン巡礼に適した子供の年齢やルートは?準備方法や注意点は?

親子巡礼

冒頭から私事になりますが、現在3歳と5歳の子供がいます。

いつか家族4人でカミーノを歩きたいな。

と思いますが、やはり体力面を考えるともう少し待たなくてはというのが現実です。

 

しかし、子供の体力に合わせた区間を選び、子供と歩きやすい環境を心がけて巡礼の計画を立てれば不可能ではありません。

 

子供と一緒にカミーノを歩くなら大体何歳ぐらいからか、子連れ巡礼で必要な準備方法や注意点など調べた情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

複数のスペイン巡礼情報提供サイトやファミリーでの巡礼に特化した旅行会社のサイトを見ると、

 

「子供が疲れた時や眠くなった時に山の中の道でも押せるベビーカーを持参すれば、3歳からOK」

 

と勧めていましたが、3歳で体重が15㎏前後ある子供を乗せたベビーカーを押して歩く親の方が大変です。

 

できるだけ坂の少ない区間を選ぶのもポイントかと思いますが、昨日子供2人とチャレンジした初めてのカミーノで、彼女が実際に歩いた距離は3~4㎞。

 

その間に何度もくずり、お菓子で釣ったりしましたが、途中でパパと一緒に自転車でお家へ帰りました。(笑)

 

1日ならまだしも数日間にわたってカミーノを親子で一緒に歩きたい(楽しみたい)と考えるなら、少なくとも子供の年齢が6歳以上からではないかと個人的に思います。

 

親子巡礼におすすめのルートは?1日に歩く距離は?

大人が事前に計画をしてもカミーノで予想外の出来事が起こります。小さい子供と歩く場合はなおさらです。

 

宿泊施設や巡礼を歩くためのサービスが最も充実しているフランス人の道を選ぶのが適切でしょう。

 

通常、1日に歩く距離は約20㎞と言いますが、子供の体力を考えて1日15㎞を超えない距離にすることを勧めています。とにかく、7~9㎞ぐらいから子供の様子を見ながら少しずつ距離を増やすとかするのがいいかと思います。

 

スポンサーリンク

巡礼の持ち物や準備方法は?

巡礼の準備に関しては、大人とそんなに変わらないと思いますが、大事な点を4つ。

トレーニング

巡礼前の2か月ぐらい前から自宅近くの道や週末のハイキングコースなどでトレーニング。

 


カミーノ経験者は皆さん言うことですが、靴選びは大事です。

 

普段から家族で山の中を歩いたりすることが多いとお子さんもトレッキングシューズなど持っている場合は新しく買う必要はないと思いますが、新しい靴を買った後に、普段からウォーキングして足に慣らさせることが重要です。

 

荷物

お子さんに関しては、小さいリュックに必要最低限のもの(お水のボトルなど)を入れるといいでしょう。

 

発汗や豆防止の靴下、歩くのに適した服装、日よけのカバーがついた帽子、虫よけなどカミーノに必要な持ち物はこちらの記事を参考にして下さい。

短期間のカミーノ(サンティアゴ巡礼)で必要な持ち物は?

 

スティック(杖)については、最初は喜んで持って歩きますが、途中で邪魔になって渡されることもあります。歩く区間によるのかもしれませんが、絶対に必要と言うものでもない気がします。

 

モチベーション

歩くための装備の準備ももちろん大事ですが、カミーノを歩くのが楽しみと子供のモチベーションを上げる点も忘れてはいけないと思います。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラは、聖ヤコブのお墓があるキリスト教の三大聖地のひとつで中世から続く巡礼路という説明もできなくはないと思いますが、小さい子供にどこまで効果があるのか・・・。

タイミングを見て時々巡礼の話をしているのですが、ペレグリーノス(巡礼者たち)の存在を理解していても、サンティアゴの町の歴史について子供にわかりやすく説明するのは難しいと感じています。

 

自然の中で馬や牛などの動物をまじかに見ながら歩けるとか、中世の素敵な建物を見れるとか、川が通る区間を歩くなら「歩いた後は川で泳げるよ。」とかとにかくカミーノをすると楽しい経験がいっぱいできると思わせるのがいいかと思います。

 

小学校中高学年くらいの子供で体力的に数日間の巡礼に耐えられる場合は、サンティアゴから100㎞付近の場所から歩いて最後に家族全員でコンポステーラをもらうというのもありかと思います。

 

その他、注意点やアドバイスは?

学校の休みを利用してカミーノを歩くとどうしても連休や夏になるかもしれません。大人にも言えますが、子供と夏にカミーノを歩くなら、午前中早めに歩くのがいいでしょう。

 

お昼遅めに公共のアルベルゲに到着する予定で歩くと、日射病・脱水症状の危険性やアルベルゲが一杯で入れないという事態に遭遇する可能性もあるかもしれません。

 

宿泊に関するハプニングを避けたい時は、予約可能なアルベルゲなどを事前に手配するのが確実でしょう。

 

また、子供と複数のハイキングコースを歩いた経験から、同じくらいの年の子供たちと一緒に歩くと、大人でも疲れるような距離でも遊びながら歩いてしまいます。

 

さすがに帰りの車の中ですぐに眠りこんでしまいますが、他の子供たちと一緒にいると、歩いてばかりでつまらないと感じる状況を少なくさせることができるのではと思います。

 

時間がなくて十分な準備ができない、他にも子供たちがいる環境で歩きたいという場合、親子巡礼に特化した旅行会社もありますのでそういった会社が提供するプログラムをチェックするのも一つの方法かもしれません。

 

まとめ

  • ベビーカーなど助けがあれば3歳から子供を連れてカミーノを歩けると勧めるところもあるが、子供と一緒にある程度の距離を歩くことを考えるなら6歳以上。
  • 子供と歩くなら宿泊施設やサービスが整っているフランス人の道。
  • 1日に歩く距離は最大でも15㎞を超えないこと。小さい子供と歩くなら10㎞以下で少しずつ歩いていくのがよい。
  • カミーノを始める前に履きなれた靴で練習をして体力的に準備する。
  • カミーノを歩くモチベーションも上げる。
  • 時間がなくてきちんとした準備ができない場合は、親子カミーノに特化した旅行会社もある。

 

サンティアゴからバスに乗って子供とフランス人の道を歩いた経験から今回のテーマについて書いてみました。親子で巡礼1日体験に興味のある方はこちらの記事も合わせてお読み下さい。

サンティアゴ巡礼路を親子で1日体験するルートや持ち物は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す