【サンティアゴ巡礼】自転車梱包用の段ボール手配方法と料金は?

スポンサーリンク

自転車での巡礼を考えている方から

サンティアゴで帰りの飛行機に乗せる自転車梱包用の段ボールの手配方法

についてお問合わせを頂きました。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ市内で自転車梱包用の段ボールを購入できるお店の名前と

 

場所がわかるマップを紹介していますので参考にして下さい。

スポンサーリンク

サンティアゴで自転車梱包用段ボールは手に入る?

はい、もちろん手に入ります。^^

 

自分で梱包するから段ボールのみ販売してくれれば大丈夫という方もいると思いますが、今回私が確認した場所では下記3種類のサービスに別れていました。

  • 梱包用の段ボールのみの販売
  • 梱包用の段ボール+梱包サービス
  • 梱包用の段ボール+梱包サービス+輸送サービス

 

それでは、サンティアゴで自転車の梱包用段ボールを手配できる場所をひとつずつ見てみましょう。

スポンサーリンク

自転車梱包のサービスをしてくれる場所は?

Velocipedo (ベロシペド)

巡礼路のフランス人の道であるサン・ペドロ通りで1980年から営業しているこのお店は、サンティアゴで自転車に乗る人の間では有名なお店です。

 

梱包用の段ボールのみの価格は12€、梱包もお願いした場合は21€です。

Websiteはこちら。営業時間は、月曜~金曜日: 9:30-13:30, 15:30-20:00、土曜日: 10:00-14:00

 

Pilgrim(ピルグリム)

 

旧市街にある大聖堂から近いノバ通りにあるお店です。

 

梱包用の段ボールのみの価格は12€、梱包のサービスもお願いできますがその場合はRenfeの駅の近くにあるMail Boxes Etcで梱包するとのことです。

 

Ultreya(ウルトレジャ)

 

Pilgrimと同じくノバ通りにあります。

 

入り口を入って真っすぐ行くと奥にあるお店ですが、誰もいない場合は36番にあるお土産屋さんに入ってください。

 

段ボールのみの価格は10€で、段ボール+梱包サービスの料金は15€です。

 

今回は飛行機に乗せるという問合せでしたが、列車に自転車を乗せたい場合の注意点をひとつ。

 

レンフェでは特別な梱包が要求されるため、梱包サービス料金はここでは高く設定されています。

 

最初のお店のVelocipedoではこういった列車を利用する場合の梱包サービスで価格に差は出していなかったと思いますので、列車を利用する場合、VelocipedoとUltreiaの価格差は1€です。

 

また、ここでは空港まで梱包した自転車を運ぶサービスだけで30€かかるそうです。

 

自転車に乗らないので記事を書きながら今気づいたのですが、段ボールをもらって梱包した後にどうやって空港まで持っていくのかを考えた方がいいのではと思いました。

 

お店のサイトはこちらから。

 

Correos (郵便局)

 

大聖堂から歩いて2分の場所です。入り口すぐの場所に巡礼者用のカウンターがあり、夏は特に巡礼者が列を作っています。

 

郵便局のサイトでは梱包と輸送込のパック料金のみの価格しかありませんが、梱包用の段ボールのみの価格は11.25€です。

 

まとめ

サンティアゴ・デ・コンポステーラで自転車を梱包するための段ボールが手配できる場所とサービスの料金についてポイントをまとめます。

  • サンティアゴ巡礼の後に自転車梱包用の段ボールは手配可能。
  • 段ボールのみの販売だけではなく、梱包サービスや空港・列車の駅・また自宅までの郵送サービスも行う。
  • サンティアゴで自転車梱包用の段ボールを販売しているのは、郵便局の他にVelocipedo、Pilgrim、Ultreia。
  • Correosでは携帯の課金や国際電話用のカードの販売の機械も設置している。

 

自転車の梱包以外に荷物の一時預かりサービスに関してはこちらの記事を合わせてお読みください。

サンティアゴ大聖堂付近や市内の荷物預かりサービスと料金は?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す