【2018年】スペイン短期留学の生活費は?節約のヒントは?

スポンサーリンク

この記事では、スペイン短期留学(1か月)でかかる現地の生活費やおおよその予算についてお話します。

 

スペイン語コース料金や航空券の他に、現地でどのくらいの生活費がかかるのか大体でいいので知りたいですよね。

 

現地での生活費で大きなウエイトを占めるのが宿泊先の費用です。

 

具体的な数字を出すために、スペイン各地の大学で開催するスペイン語コースが手配するホームステイ料金の一覧を使います。

スペイン短期留学は大学の夏季コースがいい理由は?費用や注意点は?

1か月の短期留学でかかる大体の予算額や生活費を節約するちょっとしたヒントも紹介しますので参考にして頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク

生活費(現地の宿泊費)はいくら?

Study room

 

留学期間中の滞在先には下記のようなオプションがあります。

  • ホストファミリー
  • 学生寮
  • 共同ピソ
  • ホテル

 

学生寮や共同ピソと比べると、ホストファミリーの料金は高いですが、

  • 食費・光熱費等も含まれ、生活費の概算を知るのにより適している。
  • 多くのスペイン語コースで提供されるので比較もしやすい。
という理由から、2018年の料金一覧を下記まとめました。(大学名をクリックすると、各サイトへ飛びます。)
ホームステイ
大学付属コース 個室/ 1日 1か月 相部屋/1日 1か月
Alcalá de Henares (Acalingua) *** *** *** ***
Alicante 25,0€ 675,0€ *** ***
Complutense de Madrid *** *** *** ***
Granada *** *** *** ***
León 25,0€ 675,0€ *** ***
Nebrija *** *** *** ***
Málaga 31,0€ 837,0€ 28,0€ 756,0€
Salamanca 24€ 648€ 22€ 594€
Santiago de Compostela 34,0€ 918€ 32€ 864€
Valladorid 31,43€ 848,61€ 28€ 756€
Zaragoza *** 884,94€ *** ***
  • 食事は1日3食(Pension completa)の料金。(2食で選ぶことも可能。)
  • 4週間のコース前日チェック・イン、コース最終日翌日の朝チェック・アウトという考え方で宿泊日数は27日で計算。
  • 各コースによって日数の数え方が違う場合もありますのでご了承ください。
  • サイトで確認できなかったものは【***】、詳細は担当者に問合せ下さい。
  • 宿泊先の手数料がかかる大学もあります。
  • サラマンカは、洗濯・アイロン代を別に毎週14,5€ホストファミリーに払います。
  • 正確な滞在費の確認は、必ず希望コース先の担当スタッフにご相談下さい。

ステイ先を紹介してもらった方が安心

私の知る限り、大学のオフィスが管理する受け入れ先ファミリーは、事前にスタッフがファミリーの家を訪れ事前に家の様子やファミリーについてチェックしています。

 

各ステイ先の状況を把握し、トラブルの発生時もきちんとサポートしてくれます。

 

ホストファミリーのリストをサイト上で掲載し、学生からファミリーと交渉、オフィスは直接関わらないという場合は、注意が必要です。

 

スペイン語がある程度できて自分で対処できる場合は問題ないですが、初めての留学では個人的におすすめしません。

 

スペインのホームステイ事情についてはこちらの記事を合わせてお読みください。

スペインのホームステイ事情や注意点は?理想の家族に当たる方法は?

 

スポンサーリンク

1か月の短期留学にかかる予算は?

留学費用の内訳は?

短期留学に必要な費用はざっと以下のものがあげられます。

  • 往復の航空チケット代
  • 現地の最寄りの空港から宿泊施設までの往復移動費
  • スペイン語コース料金
  • 現地での生活費(宿泊施設にかかる費用+食事代)
  • お小遣い(旅行や買い物に使うお金等)

 

大体の予算は?

スペイン短期留学は大学の夏季コースがいい理由は?費用や注意点は?

興味のある大学のコース料金と宿泊費を足すと、1600~2000€の間に収まるところがおいです。

 

為替レートをここでチェックしてみると、2018年4月時点で最低でも20万ちょっとします。

 

夏の短期留学でネックになのは、航空券が高くなる点です。

 

15万円ほどと見積もってもコースと宿泊で35万円ほどになります。

 

個人差はありますが、現地で使うお小遣いの金額を足したら、1か月の予算は最低40万円前後はかかるでしょう。

 

コースの終わりに旅行をしたいなら、もう少し多く予算を組む必要があります。

航空券やコース料金を節約するなら、留学の時期を夏ではなく冬や春先にすると、この時期は宿泊費やコース料金が安くなるところがあります。

 

滞在費を節約するヒントは?

食事とテーブル

宿泊費を安く抑えるには?

ホストファミリーを利用するメリットは色々ありますが、決して安い滞在方法ではありません。

スペインのホームステイ事情や注意点は?理想の家族に当たる方法は?

 

短期留学で生活費を節約する方法は、自分で自炊する宿泊方法を選ぶか、ホームステイであれば相部屋を選ぶ、また1日3食ではなく2食にするといったやり方があります。

 

短期でスペイン語の会話の機会が増えるホームステイで相部屋を選べば、個室より1日に4€節約できるところもあります。

食費節約のヒントは?

食事については、スペインの食習慣は日本と違うため1日3食は人によっては多すぎるかなと思います。

スペインと日本の食生活の違いは?観光や留学生活で役立つアドバイスとは?

 

3食から2食にする方法もありますが、その分外食することを考えた時にどちらが本当の節約になるのかも考えてくださいね。

 

スペインの複数の都市では、バルで飲み物を1杯頼むと無料でタパス(おつまみ)がついてきます。

 

お昼(スペインの主食)をしっかりとって、夜はバルを2~3軒はしごして夕食を済ませてしまう学生もいました。^^

サンティアゴ・デ・コンポステーラのおすすめのバルは?お店の人気料理は?

スペインのレオンで無料のタパスが美味しいおすすめのバルは?

 

まとめ

  • 現地の宿泊方法は、ホストファミリーや学生寮、共同ピソやホテルがある。
  • 滞在費は、部屋のタイプや1日の食事の回数で変わる。
  • ホストファミリーでの滞在期間にどんなサービスがあるのか詳細もチェックする。
  • トラブル発生時のことを考えて、大学のオフィスが仲介するケースがおすすめ。
  • 1か月の短期留学の予算は40万円はみたほうがよい。
  • 滞在費を抑えるには、自炊する滞在先を選ぶかホームステイでは相部屋を選ぶなど方法はある。

 

留学前の情報として少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す