格安航空券の比較サイトや航空会社から直接手配するメリットとデメリットは?

ライアンエアーやイベリア航空の航空券をネットで手配された方からお問合わせを頂きました。

 

当ブログでは、個別返信は行っておりません。

 

お問合わせの内容を見て、より多くの方と共有できるよう記事の中で回答しています。

 

ライアンエアーやイベリア航空に関する情報もお伝えしますが、今回は航空券を個人手配する際のメリットとデメリットについて考えてみましたので、よろしければ最後までおつきあいください。

Sponsored Link

日本とスペインの首都、東京・マドリード間の距離はおよそ1万km。

 

日本からスペインへの移動だけでほぼ丸1日つぶれますし、それ以上の時間がかかるケースもあるでしょう。

 

ビジネスクラスでゆったり贅沢に空の旅を楽しみたい・・・でも現実は、格安航空券を探して旅費を抑えたいという方が多いと思います。

 

私も、もちろんその中のひとりです。

 

2歳の誕生日を迎えた子供の航空運賃は、大人料金とほとんど変わりません。

 

少しでも節約したいので、代理店が教えてくれたフライト情報を航空会社のサイトから自分で直接手配したこともあります。

 

旅行代理店で働いている方にはごめんなさいな話ですが、全く同じ航空券がネットで簡単に安く手配できるのです。

 

航空券の個人手配が増えるのは当然の流れです。

 

しかし、個人手配の方がイイとか代理店経由はダメという話ではありません。

 

航空券を手配する方法が複数あって、旅行者は各自の優先事項やその時の状況によって手配方法を自由に選択できることがいいのです。

 

ただ、コインの表と裏のように個人手配をする際のメリットとデメリットがありますので、早速見てみましょう。

 

航空券を個人手配する時のメリットは?

代理店で頼むよりも安い

 

代理店で働く方に教えてもらった話ですが、1日10人以上のお客さんへ航空券を探して見積もりを出しても最終的に買ってくれるのは1割ほど、フライト情報のメールに返事が返ってこないケースもあるそうです。

 

日本はどうかわかりませんが、スペインでは航空券の見積もりも有料の代理店があります。

 

航空券を買わなくても見積もりをお願いしたら何十ユーロの手数料、航空券を買った場合は発券手数料とダブルで手数料を払うことになります。

 

ネットで調べて自分で手配した方が安くなるのは明らかです。

 

自分で手配した方が早くて楽

 

代理店に見積もりを依頼しても回答に時間がかかるのは嫌だとか、メールや電話で何でもやり取りするより自分で検索して手配する方が早いし楽だと感じる人もいるはずです。

 

旅行手配に慣れた人や自分で航空券を探して手配するのが楽しいとか好きという人もいるかもしれません。

 

航空券を個人手配する場合のデメリットは?

面倒な手続きから全て自分で解決

 

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、機内に取り付けるベビーベッドやベビーミールの手続きが必要になります。

 

代理店から航空券を買えば、航空会社と旅行者の間に立って連絡や手続きをしてくれますが、個人手配の場合は自分で各航空会社の規定をチェックし、電話やメールを使って直接航空会社へ連絡しなくてはなりません。

 

航空会社への連絡はもちろん、現地空港でのストライキといったトラブルも全て自分で解決する必要があります。

 

ストライキに関する実際にあった話ですが、航空会社が個人のお客様用対応と代理店対応に二つの異なる電話番号を用意。

 

ある旅行者が前者の番号でなかなかつながらなかったのに、後者の番号にかけたらすんなり対応してもらったそうです。

 

日本の航空会社なら日本語で対応してもらえますが、外国の会社となれば言葉の問題も追加されます。

 

旅行先のビザ情報なども自分で把握

入国ビザを取得する必要があるかどうか、パスポートの残存期間といった情報も自分で把握しなくてはいけません。

 

私が過去の失敗から学んだことは?

Sponsored Link

なんでこんなメリットやデメリットをあげるかというと、私は過去の旅行で大失敗した経験があるからです。

 

6年ほど前の話ですが、スペインの航空券比較サイトから格安航空券を購入しました。

 

とりあえず航空券は抑えたという安心感や仕事で忙しくて十分な事前準備をせず、入国ビザが必要な国であることを知らずに出発したのです。

 

もちろん入国できずに、スペインへ戻る羽目に・・・。

 

事前準備を怠った私が悪いのですが、驚いたことに旅行業界の消費者問題に詳しいスペイン人の法律専門家がこう言いました。

 

「入国ビザのないあなたを飛行機に乗せた航空会社に責任があります。航空券の返金を求める権利があり、返金の可能性は高いですよ。」

 

返金の話は別にして、私がこの失敗から学んだことは、

 

個人で航空券を取るということは、自分で外国語での連絡からトラブルなども解決するから安いということです。

 

私のような失敗はする人はまずいないと思いますが、初めて航空券やホテルなど海外旅行の手配を自分でする方は、先ほど挙げたメリットとデメリットをほんの少しでいいので意識するといいかなと思います。^^

 

ライアンエアーの最新情報は?

 

ライアンエアーに関しては下記の記事を書いていますが、チェックインや手荷物に関して知りたいという方が多いですね。

 【2017年情報】ライアンエアーの手荷物やチェックイン時の注意点は?

【最新情報】ライアンエアー2017年11月1日から適用の荷物規定とは?機内持ち込みで追加料金!?

 

11月1日からの荷物規定変更はどうなるのかなと思っていたのですが、最近また気になるニュースがありました。

 

それは、パイロットの休暇スケジュール調整ミスを理由に、9月20日から10月28日までに約2200便をキャンセルすると発表したことです。(参考記事: elpais.com)

 

キャンセル便の約4分の1はスペイン各地の空港に影響するものです。(キャンセルされたフライト情報はこちら。)

 

予約した便がキャンセルされた場合、会社のサイトから航空券代金の返金申請をだすか、座席があれば他の便に変更することができます。

 

スケジュール調整でこれだけ多くのフライトをキャンセルする本当の理由は別にあると伝えるニュースもあります。

 

今年に入って、ノルウェーの航空会社『ノルウェー・エアシャトル』がライアンエアーのパイロットを140人雇用した影響で、実はパイロットが足りていないのではないかというのです。

 

ライアンエアー側はこれを否定しているようですが、実際のところはどうなのか・・・それを知るにはもう少し時間をかけて状況を見ていく必要がありそうです。

 

イベリア航空の座席指定について

ライアンエアーに続いてイベリア航空のオンラインチェックインや座席指定を検索して当ブログを訪れる方が多いです。

 

座席指定に関しては、イベリア航空のカスタマーサービスに問い合わせた時の内容を紹介しています。イベリア航空のエコノミークラスを利用される方は一度目を通していただければと思います。

【2017年9月更新】イベリア航空直行便の詳細や予約方法は?座席指定での注意点は?

 

さいごに

格安航空券を個人手配する際のメリットとデメリットについて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

国内の旅行ではネットで航空券を直接手配しますが、日本へ帰国する際のチケットはマドリードにある旅行会社にお願いしています。航空券を探す時間や連絡等の手間を省いたり、ちょっとした質問にも的確なアドバイスをくれるので利用しています。

 

興味のある方はこちらから旅行会社の情報をご確認ください。

 

航空券の手配以外に、スペイン旅行の事前準備で役立つ情報はこちらの記事を参考にしてください。

【2017年8月更新】スペイン旅行の準備や注意点まとめ!ベストシーズンや現地の最新情報は?

スペイン旅行中に役立つ持ち物は?日本から持ってきて便利なものは何?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す