トレド観光に必要な時間は?半日で十分?役立つ最新情報まとめ!

Sponsored Link

スペインの首都マドリードから南に70キロの場所に位置するトレドは、中世の古都として人気の観光地のひとつです。

 

旧市街を訪れて感じたことは、キリスト・イスラム・ユダヤという3つ文化の共存から生まれる豊かさががこの町の最大の魅力だということです。

 

マドリードに滞在する予定がある方には是非トレドまで足を運んでいただきたいなと思います。

 

マドリードからトレドへの移動手段に始まり、トレドで必ず訪れたい名所の紹介、観光でお得なチケット情報やトレドのお祭りの情報や気候情報などトレド観光に必要な情報を抑えています。

 

マドリードから移動して半日・日帰りでトレドを観光するケースが多いですが、日帰りで本当に十分なのか、トレドは1泊する価値があるのか知りたいというのが今回のトレド観光の目的のひとつでした。

 

記事の後の方に私の感想を書きましたので最後までお読みいただければと思います。

バスまたは電車を利用しますが、電車では30分であっという間に到着です。両方とも本数も多いため、大きな荷物をマドリードのホテルに置いて移動することが可能です。

マドリードからトレド(バス・電車の駅)への行き方はもちろん、各駅からトレドの旧市街の中心広場であるソコドベール広場までのアクセス方法もこちらで詳しく説明しております。

マドリードからトレドへの行き方は?駅から旧市街のアクセス方法は?
マドリード近郊の有名な観光地のひとつであるトレドは、世界遺産に登録されてから今年でちょうど30年です。 学生時代に1度、日帰りのエクスカーションで訪れたことがありますが、昔すぎて何も覚えていません...

 

 トレド旧市街の名所とは?

Sponsored Link

日帰りの場合、時間内に訪れることができるところは限られます。

 

絶対訪れるべき場所が大聖堂です。入場料から大聖堂内部の見所について詳しくこちらで紹介しております。

 

トレド大聖堂の入場料は?祭壇や絵画など見どころを紹介!
トレドの大聖堂はスペイン語でCatedral de Toledo、またSanta Iglesia Catedral Primada de Toledoと呼ばれます。 カテドラル(Catedral)は大聖堂という意味のスペイン語ですが、トレドの大聖堂にはカテド...

 

トレドの名所巡りにお得なブレスレットとは?

トレド旧市街の7か所で使える赤いテープのブレスレット、Pulsera Turistica(プルセーラ・トゥリスティカ)。

 

料金は、9€。壊さないで腕につけている間は何日でも有効です。

 

各場所の入場料は2,5€ですので、4か所訪れれば元がとれます。

 

購入したい場合は、上記7つの場所で最初に入る時点で「プルセーラ・トゥリスティカ、ポルファボール」とでも言えば、その場で腕につけてくれます。

 

他の場所に入るときは、入り口の係員にブレスレットを見せるだけです。

 

ブレスレットで入れる場所と開館時間は?

サント・トメ教会
住所: Conde広場 4番
時間: 10月16日~2月28日10:00-17:45、 3月1日~10月15日10:00-18:45

サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会
住所: Reyes Católicos通り4番
時間: 10月16日~2月28日 10:00-17:45、 3月1日~10月15日 10:00-18:45

サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会
住所: Reyes Católicos通り17番
時間: 10月16日~2月28日 10:00-17:45、 3月1日~10月15日10:00-18:45

ロス・ヘスイタス教会
住所: Padre Juan de Mariana広場 1番
時間: 10月16日から2月28日10:00-17:45、 3月1日から10月15日10:00-18:45

メスキータ・デル・クリスト・デ・ラ・ルス
住所: Cristo de la Luz通り
時間: 10月16日~2月28日10:00-17:45、 3月1日~10月15日10:00-18:45
(月曜~金曜日の14:00-15:30は閉館します。土日は1日中営業。)

サルバドール教会
住所: Salvador広場
時間: 10月16日から2月28日10:00-17:45、 3月1日から10月15日10:00-18:45

レアル・コレヒオ・デ・ドンセージャス・ノブレス**
住所: Cardenal Silíceo広場
時間: 10月16日~2月28日10:00-17:45、 3月1日~10月15日10:00-18:45
**正午に閉館する場合もあります。

上記の情報は、2017年5月に観光した時の情報です。詳細は、こちらのサイト(英語・スペイン語)で確認できます。

 

7か所の観光に必要な時間は?

7つの場所の位置関係がわかる地図です。

 

私は午前中のガイドツアー、昼食の後にホテルでひと休みしてから、17時頃にこの観光ブレスレットを購入しました。

 

スタート時間が遅いので、全部は回れないし損してしまうのではないかと思いましたが、5か所回ったので、元はとることができました。^^

 

サント・トメ教会はエル・グレコの絵を見るだけで写真撮影もできないので、5分くらいで終了します。サンタ・マリア教会やメスキータ・デル・クリスト・デ・ラ・クルスなどさほど時間はかかりません。

 

ロス・ヘスイタス教会は上に登ってトレド旧市街を見ることができますが、階段をかなり登ります。サン・フアン・デ・ロス・レイエス修道院の回廊の2階部分の天井など見る価値あります。

 

トレドの旧市街はとにかく坂が多いので大変ですが、午前中の旧市街ツアーでひととおり歩いたのが良かったのか、割とスムーズに各場所にたどり着くことができました。

 

午後歩いたのが良かったのか、サント・トメ教会以外は特に入る時に行列はありませんでした。

 

各自の歩くペースや見学時間にも寄りますが、3時もあれば問題なく7か所回れると思います。

 

 トレドの景観の撮影ポイントは?

タホ川に囲まれたトレドの景観は展望台から撮影することができますが、観光バスや観光列車(ソコトレン)に乗るとタホ川沿い走りながら展望台まで向かい、撮影のために5分間停車してくれます。
ソコトレンはソコドベール広場から出発します。料金は5.5€です。日本語の観光案内もあります。

 

トレドで一番高い場所にあるのがパラドール。宿泊はしなくても、パラドールに行ってトレドの絶景を見ながらコーヒーを飲むというのもいいかもしれません。

 

観光電車や観光バスでパラドールへ行くことはできません。ソコドベール広場周辺から7.1番のバスでパラドールまで行くことができます。

 

トレドの気候や天気の特徴は?

出典: https://es.climate-data.org

 

トレドの年間平均気温は約15℃で、年間の降雨量は389㎜です。

 

5月中旬の週末にトレドを訪れました。午前中に曇って今にも雨が降りそうかなと思うと晴れたり、時間帯によっては少し涼しくと変わりがちな天気でした。

 

トレドに住むガイドさんの話では、5月末や6月からだいぶ暑くなるので、いい時期にトレドに来たと言われました。

 

スペインでは、日中暑くても夜になると気温が下がったりして1日の気温差がある場所もありますが、トレドの場合は午前中の太陽の熱を旧市街の石が吸収するため、夜も暑いということです。

 

暑くて眠れない夜のことをスペイン語でトレドの夜(una noche toledana)と表現すると教わりました。

 

トレドで有名なお祭りは?

コルプス・クリスティ(キリストの聖体祭)といって、クストディア↓をのせみこしを担いで町中歩くお祭りがあります。

 

 

カテドラルの周りの壁を旗やタピスリーで覆うそうです。

 

各年の典礼カレンダーによって日程は変わりますが、時期はだいたい5~6月です。

 

 

トレドは日帰りで十分?宿泊する価値はある?

マドリードのホテルに荷物を置いて、手軽に移動して観光できるトレドへは半日で十分と思う方や、時間がないから半日でも時間を割いている方と考え方は色々あります。

 

マドリードに住む友人にも日帰りで行けるよと言われましたが、ホテルを予約して1日過ごしてみました。

 

結論は、1泊してよかったです。それでも時間が足りないくらいでした。

 

時間がない方は半日でポイントを絞って観光するのがいいですが、トレドをゆっくり楽しみたかったら1泊する価値はありますよ。

 

今回私が利用したホテルはお手頃な料金で大聖堂のすぐ近くで観光に便利、スタッフも親切で非常に好感が持てました。トレドで宿泊してもいいかなと言う方、合わせてこちらもお読みください。

 

トレドのホテルでおすすめはどこ?口コミ通りで安いし観光にも便利!
トレドのパラドールに泊まってみたいな~とちょっとだけ夢を見ましたが、今の私には予算的にかなり贅沢な選択。 ひとり旅ができるだけありがたいと思いながら、ホテル検索サイトBooking.comで次の3つの条件...

 

トレドの料理やおすすめのレストラン情報はこちらです。

 

トレドの名物料理とは?おすすめのレストランやバルはどこ?
 トレドのソコドベール広場から大聖堂近くのホテルへ向かう間に、アーモンドの粉と砂糖でできたお菓子『マサパン』を宣伝しているお店をいくつも目にしました。 甘すぎて私はちょっと苦手なのですが、...

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
スペイン巡礼や聖ヤコブの視点からスペインの歴史を見ることが多かった私にとっては、トレド観光で改めてスペインの歴史の深さや豊かさに気づくとてもいい機会となりました。

 

コルプスのお祭りの雰囲気も見てみたいし、今回訪れることができなかった場所もあるのでまた行きたいなと思いました。

 

トレド観光を計画中の方にこれらの情報が役立てばと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す