小学生の夏休みはいつから?スペインで仕事を持つ親が子供を預ける場所は?

Sponsored Link

夏休みが近づいてくると、仕事をしているお母さんやお父さんの中で【夏休みの子供の面倒はどうしよう】と困っている方がいるかもしれませんが、スペインでも同じ悩みを抱える家庭が多くあります。

 

日本では地方によって差はあっても夏休みの期間は大体40日前後かと思いますが、スペインの小学校の夏休みはどのくらいあると思われますか?

 

スペインの夏休みはいつからはじまるのか、そしてスペイン人の働く親はどうやって夏休みを乗り切るのかについてお話したいと思います。

 

スペインの小学校では、大体6月下旬に夏休みが始まります。

 

今年2017年の例をあげると、自治州により数日の差はあるものの全国で6月22日前後から夏休みに入ります。

 

日本より約1か月早くスタートするスペインの小学校の夏休みはいつまで続くかというと、9月の10日過ぎぐらいまでです。

 

スペインの学校に通う子供たちは、2か月半のバケーションを過ごします!

 

日本の子供たちが知ったら羨ましがるでしょうが、働いている親からしてみるとそんなのあり得ない!と反応される方もいるかもしれまえん。^^

 

スペイン人の親は長い夏休みをどう乗り切るの?

Sponsored Link

午前中は仕事があるし子供はまだ小さくてお留守番なんてさせられないという親は2か月半の夏休みをどう乗り切っているのか?

 

息子と同じくらい年の子供を持つ複数のお母さんから実際に聞いたケースを紹介します。

 

自分や主人の両親宅に子供を預ける。

 

自分の夏休みが始まるまで自分またはパートナーの実家に子供を預けます。

 

これが可能な人はラッキーだと思いますが、両親の年齢や他の理由から親にもなかなか頼めない環境にいる人もいます。

 

夫婦交代で休みをとる。

共働き夫婦の間で、交代に休みをとって昼間に子供の面倒を見るという人もいます。

 

この方法をとっているお母さんと話をした時、「主人と休みが一緒にならないのがネックだけどしょうがない。」と言っていました。

 

いつも髪を切ってもらっている美容師さんの場合は、旦那さんがシフト制の仕事をしていて夜勤の場合はまだいいが、昼のシフトの時は誰が子供の面倒を見るのか常にオーガナイズしなくてはいけないので大変だと話してくれました。

 

Campamento de Verano
夏休みの間に多くの親が子供の預け先に選ぶCampamento de verano(カンパメント・デ・ベラノ)があります。

 

 

直訳すると夏のキャンプとなりますが、英語・音楽・スポーツに演劇など、あるテーマに特化したアクティビティーのコースと言えばわかりやすいかと思います。

 

小学校中高年向けの生徒を対象に、モニターが付き添って数日から1週間ほど合宿するタイプのものまであります。

 

どういったところが企画・提供しているかというと、各市町村の役所や大学から民間の企業(語学や音楽、スポーツ学校)まで幅広いです。

 

体験コースの内容・期間によって料金も異なりますのでできるだけ安い金額のカンパメントに子供を参加させたい親は、市役所が発表する情報に敏感だったりします。

 

カンパメントの一例は?

 

昨年の夏、初めてカンパメントに4歳の息子を預けた時の話です。

 

朝9時のスタートに合わせて、仕事に行く前に子供を預けるスーツ姿のお父さんもよく見かけました。

 

若いモニターのお兄さんやお姉さんがいて、朝はまず体をほぐす意図があるのかエンリケ・イグレシアスの歌に合わせてみんなで踊り、それが終わると子供の年齢別にアクティビティーが用意されていてそれを午後14時までこなす感じです。

 

息子の年齢のグループでは、工作、音楽、ゲームをして屋内や外の庭で遊ぶと言った感じでした。

 

↓は去年の夏にスペインで流行ったエンリケ・イグレシアスの歌のビデオです。興味のある方はどうぞご覧ください。^^

 

 

普段は違う学校の子供と一緒になるカンパメントに慣れるかなと心配しましたが、全く問題なく最初の1週間を終了。

 

ホッとした時に左足の指の骨を骨折し、医者から絶対安静の指示が・・・。

 

それから3週間ほどカンパメントへ通えないのはもちろん、家の中でも息子に一日つきっきりの状態になりました。

 

せっかく申し込んだカンパメントをほとんど利用できずに大変な夏となりました。(;^_^A

 

まとめ

夏休みは子供とたくさんの時間を共有し、旅行など特別な思い出を作りたいと親も楽しみにしている部分はもちろんありますが、仕事がある親は夏休みが始まる前に子供の預け先を決めておかないと後から大変なことになります。

 

今回の記事のポイントをまとめて終わりにします。

  • スペインの夏休みは6月下旬から9月中旬まで約2か月半。
  • 長い夏休みに子供の面倒をどう見るかはスペイン人の親にとっても頭の痛い問題。
  • 子供を実家に預けたり、夫婦間で交代に休暇をとるなどして対応する人もいるが、カンパメント・デ・ベラノに子供を登録する親が多い。
  • カンパメント・デ・ベラノとはスポーツや音楽、英語などあるテーマに特化した体験型のコース。
  • 小学校中高年の子を対象にして数日から1週間ぐらいの泊りがけの体験合宿型のカンパメントもある。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す