スペインおすすめのお土産は?かわいい雑貨や持ち帰り可能な食品は?

観光でサンティアゴにくる方から「おすすめのお土産って何ですか?」とよく聞かれます。

初めての旅行先で、複数のお店に入ってお土産を探す時間って結構馬鹿になりません。

せっかくスペインまで来るのですから、もっと観光に集中したり、カフェでゆっくりするなどして旅行を楽しんでもらいたいと思います。

サンティアゴの旧市街内にあるお店で、これはおススメ!と思った品を紹介します。

お友達や職場で配る用のお土産では、かさばらないよう小さくてお手頃な値段のものを意識してチョイスしました。

大聖堂のショップにあるカワイイ小物たち

お土産を探すために久々に訪れて驚いたのが大聖堂のショップです。

モダンなデザインのボタフメイロ(サンティアゴの大聖堂で見れる大きい香炉)や中世文字をあしらったグッズは、センスが良くて見ているだけでも楽しくなりました。

ピンク色とボタフメイロの柄がかわいいメガネふき。マグカップやバッグなどもありますので、是非チェックしてください!

img_20161202_122700218

12世紀に書かれたサンティアゴ巡礼路の最初のガイドブックとされるカリクストゥス写本にある中世文字をデザインに使った眼鏡ケースと手鏡。

img_20161202_1230591281

大聖堂や聖ヤコブのイラストがかわいい磁石。

img_20161202_122753678

大聖堂に隣接したショップの近く(ビラール通り1番、Rua do Vilar, 1)にもう一つ大聖堂のお店があります。朝の10時から夕方20時30分までお昼休憩なく開いているのは助かります。

ここでは紹介しきれないグッズや本が沢山置いてありますので是非行ってみてください!

リャドロよりもサルガデロス!ガリシアの陶磁器

旧市街のノバ通り16番(Rúa Nova, 16)に、ガリシア陶磁器のメーカー、サルガデロス(SARGADELOS)のお店があります。(営業時間:月曜~土曜 10:30~14:00、16:30~20:30)

スペインの陶磁器といえば、リヤドロを思い出す方が多いかもしれません。職人の技を感じる細部の装飾は素晴らしいですが、私は昔からサルガデロスの白と青のスッキリとしたデザインの陶磁器が大好きです。

img_20161202_124521563

ガリシアの文化や著名な作家をモチーフにした置物などもあります。

img_20161202_124341005

マドリッドからサンティアゴに来た駐在員の奥様や日本の観光業界の方たちをこのお店にお連れしたことがありますが、中に入ると皆さんの目の色が変わります。真剣なまなざしで品物を選んでいたのが印象的でした。

img_20161202_124645043

上の写真のお皿は1枚1枚柄が違います。1皿、20ユーロ以下のものが多いです。

img_20161202_124706101

小さいお皿のコーナーもあり、使い方は自由。オリーブの実やチーズをのせるのに素敵なお皿もあります。

お店できちんと梱包してくれます。ペンダントトップやアクセサリーも置いてます。

食品市場で買える安くておいしい食品のお土産は?

サンティアゴ大聖堂の次に観光客が訪れるスポットは、同じく旧市街にある食品市場、メルカード。観光客だけではなく、サンティアゴ市民も多く買い物にきます。

img_20161221_121253068_hdr

(クリスマスの時期の食品市場)

目がキラキラしたお魚や色とりどりの野菜や果物を見ながら、お土産にピッタリのお菓子やオリーブオイル、ガリシアのグルメ商品をついでに買ってしまいましょう。(食品市場は月曜~土曜日、午前中のみの営業です。)

チョコレート

赤い箱と大聖堂の絵が目印、Pedras de Santiago(サンティアゴの石)という昔からお土産で売っているチョコレートがあります。メルカードで見つけた写真のサイズのものは7€でしたが、もっと小さい箱もあり、値段も安くなります。

img_20161203_114836257

今回、日本へ一時帰国する私が実際に買ったチョコレートはコレ↓。

img_20161221_140016776

イワシのミルクチョコレートで、値段は1,5€です。カタルーニャの会社のチョコレートですが、デザインもカワイイですし、小さいので数量買ってもかさばりません。

オリーブオイル

世界のコンクールで賞を受賞したオリーブオイルからガリシア産のオリーブの実やオイルまで扱っているお店があります。(メルカードの135番の店。)

2016-12-10-12-22-55

写真に出ているおじさんが、試飲させてくれることもあります。オリーブオイルの種類はもちろん、容器のサイズも豊富においてあります。

img_20161221_142519229_hdr

2016年の国際コンクールで1位を取ったスペイン・コルドバ産のオリーブオイル。香りがとてもよく、味もそんなに強くないので日本へのお土産にと買いました。

maa1iscy

プラスティックの容器と1€という安さにひかれました。とても緑が濃くてオリーブのジュースみたいです。味はかなり濃いです。二つのオリーブオイルともパンに浸してオイルの味を楽しんでください。

缶詰商品

スーパーで安い缶詰も売っていますが、市場においてある缶詰はお土産として送っても申し分ないグルメ缶詰が多くおいてあります。

缶詰と言っても実はなかなか奥が深いです。缶詰の業界に詳しい方からおススメの缶詰ブランドや注意してみる箇所を教えてもらいました!

スペインのお土産に缶詰?選ぶポイントやおすすめの商品は?

 

チーズ

ガリシアのチーズで、おっぱいの形に似ていることからテティージャ(Tetilla)と呼ばれているクリーミーな味のチーズがあります。同じ形でも燻製したサン・シモンのチーズ(Queso San Simon)もあります。

img_20161222_124827866

私個人的には燻製したサン・シモンのチーズが好みですが、1個丸ごとでなくてもスーパーで4分の1の大きさで真空パックされているものもあります。

サンティアゴの旧市街にあるスーパーはどこ?

お土産屋さんよりも、地元のスーパーでお買い物をしたい!と思われる方もいらっしゃると思います。

個人経営の小さい食品売り場のお店もありますが、サンティアゴの旧市街にある唯一のスーパーマーケットは、トウラル広場(Prazo do Toural)にあるFroiz(フロイス)です。

私が行ったときには見つけられませんでしたが、ガリシアのメーカーのクッキーでホタテ貝の形をしたものが売っています。1個ずつ包装されていて18個入り、2€以下の値段です。職場のお土産にいいかもしれません。

img_20161220_191451318

お友達や職場用ではなく、自分への旅行の記念にガリシアでちょっと特別なお土産を買いたいと思われる方もいると思いますので、次のブログでご紹介いたします!

 

 

 

 

 

 


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す