【2017年情報】3月のスペインの天気や気温は?雪や寒さ対策の服は必要?

Sponsored Link

2月もあと2日で終わりです。本当に月日の過ぎるのは早いです。

ここ数日、スペインの3大祭りのひとつであるバレンシアの火祭り(ラス・ファジャス)のニュースを見ます。

 

 

私は2011年にバレンシアの火祭りを体験しました。火祭りについてはまた改めて説明したいと思いますが、このお祭りを目当てにスペインへ来る方も多いと思います。

今回は、3月にスペインへ旅行される方が気になる天気や気温についてお話します。

3月のスペイン、天気の特徴とは?

3月の天気は非常に変わりやすく、晴れて春めいた陽気が続かずに、すぐに寒くなって雨が多く降ったりします。地方によっては(特に中央部から北スペイン)風が強いが日があります。

 

しかし、3月のスペインの天気や気温は地方によって様々です。

 

気温でも、バルセロナ、バレンシア、ムルシア、セビリアやマジョルカ島といった多くの地方では平均最高気温が15度を上回ります。早朝に少し冷えても日中になると冬に着用していたコートはいらないという状態になります。

 

一方、ブルゴスでは1日の最高気温が10℃前後でまだまだ寒いです。

 

3月にスペインで雪は降るの?

Sponsored Link

場所によりますが、これまでにスペイン各地で3月に雪が降ったとの記録はあります。カンタブリア地方にある村々では、1年で最も雪が降る月は2月と3月だそうです。

 

例えば、私が住んでいるサンティアゴ・デ・コンポステーラでは雪はほとんど降らないのですが、昨年の2月末に雪が降りました。

 

実際、2016年3月のスペインは全体で寒い月となり、平均気温は平年より1,3℃低い10℃でした。21世紀に入ってから2004年の次に寒い3月だったそうです。降水量も平年の平均降水量(47㎜)に対して31%高い62㎜でした。

 

3月というと、冬が終わって春に入っていく月というイメージですが、場所によってはまだ寒いところがありますのでご注意ください。

 

2017年3月のスペインの天気予報は?

スペインの気象庁にあたるAEMET(Agencia Estatal de Meteorología)のデータによると、昨年の3月よりも今年は全体的に平年よりも暖かくなると予測しています。

 

特に、イベリア半島を4つに分けた南東の部分(バレンシア州から下の地中海側)やバレアレス諸島やカナリア諸島ではその特徴が強いようです。

 

スペイン各地の3月の天気情報は?

スペイン各都市の天気を調べるサイトは色々ありますが、Accuweatherというページの情報と使って、スペインの主要都市(マドリッド・バルセロナ・バレンシア)の3月の天気情報を載せておきます。全部は載せられないので、Accuweatherのページに入り、旅行する都市の名前を入れて検索してみてください。

マドリッド

バルセロナ

バレンシア

 

3月にスペインを旅行するときの服装は?

スペインのどの地方へ行くかで服装も変わってきます。

 

北スペインや内陸部に行く場合はまだコートが必要なところはありますし、南スペインや海岸部の暖かいところであれば、日中に冬物のコートでは暑いと感じる場合もあります。

 

朝と夕方で気温差が大きいところもありますので、寒がりな人はコートはやはり持っていった方がいいでしょう。

 

どちらにしても、服装に関しては少し困る時期ではありますね。^^

 

3月下旬のスペインでは、天気以外にもこの点に注意!

3月下旬にスペインを旅行される方は、天候以外にも注意する点があります。

 

それは、サマータイム(夏時間)への変更です。スペインの夏時間は何日の何時から変更されるのかについてはこちらを合わせてチェックしてくださいね。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す