スペイン国王や王妃の名前や身長は?王室と日本の皇室の違いは?

Sponsored Link

スペインの国王夫妻が国賓として4月4~7日の日程で来日します。

出典: http://masjerez.com

スペイン国王の訪日は今回で4度目です。2016年に来日が予定されていましたが、当時スペインでは暫定政権状態が続いており、国内政治の状況を理由にキャンセルしていました。

 

2014年6月にフェリペ6世がスペイン国王に即位されてから初めての来日となります。前回の訪日は二人が結婚してから1年後の2005年ですので、12年ぶりの来日になります。

 

12年ぶりとなると、大学生や若い人達の間では、

「スペインの国王フェリペ6世や王妃はどんな人?」

と思う人が多いのではないでしょうか。

 

今回は、スペイン国王夫妻について「へぇ~」というトリビアな情報からスペイン王室と日本の皇室に共通する王位継承権や生前退位といったテーマでどんな違いがあるのかについてお話します。

スペイン国王フェリペ6世

出典: http://ep01.epimg.net

フェリペ6世は、スペイン人の父フアン・カルロス1世とギリシャ人の母であるソフィア・デ・グレシア・イ・ディナマルカの長男として、1968年1月30日にマドリッドで生まれました。

 

本名は、フェリペ・フアン・パブロ・アルフォンソ・デ・トドス・ロス・サントス・デ・ボルボン・イ・グレシア(Felipe Juan Pablo Alfonso de Todos los Santos de Borbón y Grecia)です。

 

マドリード自治大学で法律と経済の学士号を取得したあと、アメリカの大学で国際関係論専攻の修士課程を修了しました。

 

母親のソフィア王妃が、小さい頃から英語で話かけていたことや海外での留学経験もあり、フェリペ6世は英語が堪能です。自分の母親に習って、現在は自分の子供達にも英語で話しかけているそうです。

 

外務省のスペイン国王陛下略歴に、趣味がスポーツ(水泳、ヨット(バルセロナ五輪代表)、スキー、パデル、テニスなど)とありますが、国王はアトレティコ・マドリードの大ファンです。(ちなみに、お父さんのフアン・カルロス1世はレアル・マドリードのファン。)

 

出典: http://ep01.epimg.net

 

かなり昔の話になりますが、ある国際見本市で皇太子時代のフェリペ6世を遠くから見たことがあります。

 

周りにいた女性達がフェリペ6世の顔を一目見ようと大騒ぎしていたのを覚えています。1m97㎝という長身のおかげで一人頭が突き出ていたので、遠くからでも問題なく見えました。^^

 

イケメン皇太子と知られていたフェリペ6世は王妃との結婚前に、ノルウェー人モデルと付き合っていたのは有名です。

 

王妃との出会いは偶然ではありません。皇太子は、王妃が当時働いていたスペイン国営放送(TVE)のジャーナリスト(Pedro Erquicia氏)にディナーをセッティングして彼女を誘うようにお願いしたそうです。^^

 

レティシア王妃

出典: http://www.ecestaticos.com

北スペインにあるアストゥリアス州のオビエドで1972年9月15日に生まれました。父親はジャーナリストで母親は看護師です。

本名は、レティシア・オルティス・ロカソラノ(Letizia Ortiz Rocasolano)。

レティシアという名前はLeticiaとも書くのですが、王妃の名前はLetiziaで「Z」です。

彼女の出生届を受理した公務員がZで書いたのが理由だそうですが、ご両親は訂正しなかったんですね・・。

レティシア王妃の略歴には載っていませんが、フェリペ6世との結婚前に離婚歴がありますね。

2005年に長女のレオノール王女、2007年に次女のソフィア王女を帝王切開で出産しています。

出典: http://www.lavanguardia.com

(追記)上の写真は、2015年のクリスマスの挨拶にスペイン王室が採用したものです。現在(2017年5月)、レオノール王女は12歳、ソフィア王女は10歳です。

 

10歳になったソフィア王女は、カトリックの儀式であるプリメラ・コムニオンに出席しました。カトリック文化圏の家庭の子供にとって大事な儀式であるプリメラ・コムニオンについては、こちらも合わせてお読みください。

スペイン王室レオノール&ソフィア王女が体験した『プリメラ・コムニオン』とは?
 スペイン国王夫妻来日に関する記事の中で、フェリペ6世とレティシア王妃には二人の娘(レオノールとソフィア)がいると話をしました。  次女のソフィア王女は先月29日に10歳になりましたが、その...

 

2014年にフアン・カルロス1世が生前退位し、フェリペ6世がスペイン国王として即位したことで、国王の長女であるレオノール王女はスペイン王位継承権の1位にいます。ヨーロッパ王室でもっとも若い王室継承者です。

 

生前退位や王位継承権については、興味深いことにスペインと日本で似たような状況があります。これらのテーマから見えるスペインと日本の違いを見てみたいと思います。

 

王室と日本の皇室の違いとは?

Sponsored Link

スペインの王位継承権と日本の皇位継承権

スペインでは、王の直系を傍系に優先し、直系の子供の中では男子優先とします。同性の兄弟(姉妹)に関しては年長優先です。男子優先ではありますが、女性にも王位継承権があります。

日本の場合、現行の憲法では皇位継承権は男子のみですね。

 

民間出身の男性を受け入れるスペインと締め出す日本

日本の皇室が民間の男性を皇族にしたことは、かつて只の一度の例もない。男系継承とは、女性を締め出す制度ではなく、むしろ男性を締め出す制度なのである。民間の女性は皇族との結婚で皇族となる可能性があるが、民間の男性が皇族になる可能性はない。

引用元: http://www.hokkaidojingu.or.jp/sizume/column/takeda3.html

 

天皇の長女である紀宮清子内親王は民間の男性と結婚して皇籍を外されましたが、スペインではフェリペ6世の姉であるエレナ王女とクリスティーナ王女の結婚相手に爵位が与えられ、彼女たちは自分が望まない限りロイヤルファミリーのメンバーから民間人になることはありません

 

出典: http://e02-elmundo.uecdn.es

 

次女のクリスティーナ王女に関しては、元ハンドボール選手のイニャキ・ウルダンガリン氏と結婚していますが、夫妻がかかわった脱税事件の被告として法廷に立ち世界中から注目を集めました。

 

2017年2月に王女は無罪、夫のウルダンガリン氏は禁固6年3カ月の有罪判決が言い渡されたのは記憶に新しいところです。

 

クリスティーナ王女については、無罪とはいえこれまでの騒動を考えて王室から出るべきだという主張するスペイン人もいます。

 

生前退位

スペイン国王として39年即位したフアン・カルロス1世は、2014年に当時76歳で世代交代を理由に生前退位をしました。

 

それまでスペインの法律には生前退位に関する規定はありませんでしたが、スペイン政府はわずか2週間余りで関連する法案を作成し、上下両院で可決・成立させました。スペインでは歴史上、生前退位した国王はいましたが、世代交代を理由にした退位はこれが初めてでした。

引用元: NHK NEWS WEB

日本でも、2016年に天皇が生前退位の意向をにじませるビデオを発表しました。2018年末退位で検討しているそうですが、実際はどうなるんでしょうか?

 

まとめ

日本の皇太子やフェリペ6世は、民間のキャリアウーマンを伴侶に選んだことやお互いに男の子供がいないことで継承権問題について国内で議論があること、そして生前退位の件など、似ている部分があって比較してみると興味深いところがあります。

 

12年ぶりの来日を果たしたスペイン国王夫妻ですが、イギリスのキャサリン妃と並んでそのファッションがいつも注目されるレティシア王妃が選ぶファッションについても記事を書きました。合わせえてお読みください。

 

レティシア王妃が日本で着たファッションブランドは?スペインの公務で着た大人気のコートは日本でも買える!
現在来日中のスペイン国王夫妻ですが、レティシア王妃はイギリスのキャサリン妃と同様にファッションアイコンとして公務やプライベートで着るファッションがいつも注目されています。 高級ブランドのアイテ...

 

今回のスペイン国王来日に、スペイン1部リーグのエイバルに在籍する乾選手が安倍首相主催の夕食会出席のため1次帰国されますね。こちらの記事も合わせてお読みください。

 

乾貴士が活躍するスペインのエイバルとは?本拠地の場所は?周辺の観光地でおすすめは?
前回、テネリフェに移籍した柴崎岳選手の状況について自分の考えを書いてみました。 最新のニュースでは彼に不安障害の可能性も出ていると医療スタッフが伝えたそうです。心配ですね。 柴崎選手のニュ...

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。^^

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す