スペイン観光でおすすめの名所、カテドラル・ビーチとは?ビーチを歩くベストな時間は?入場制限の時期は?

スペインにあるカテドラル・ビーチって何?と思った人がほとんどではないかと思いますが、世界最大の旅行口コミサイトであるトリップ・アドバイザーでは、2014年にヨーロッパで最も美しいビーチ・ランキングの4位に選ばれたり、他の旅行関係のサイトでもスペインのベストビーチに選ばれたぐらい有名なビーチです。

 

カテドラル・ビーチがあるのはスペインガリシア州のルーゴ県で、カンタブリア湾に面したビーチです。ガリシア州はもちろん、スペインで最も美しい自然の風景のひとつとされています。
ガリシア州の観光プロモーションビデオで必ず出てくるガリシアのシンボルともいえるビーチですが、BBCのドキュメンタリーやドラマや映画の撮影にも使われています。

関連記事: イ・ミンホのドラマ「青い海の伝説」のスペインロケ地はどこ?行き方は?

 

カテドラル・ビーチと呼ばれる理由は?

日本語で大聖堂ビーチの意味をもつカテドラル・ビーチ(Playa de las Catedrales)という名前ですが、正式名称ではありません。

 

聖なる水のビーチという意味のアウガス・サンタス・ビーチ(Playa de Augas Santas)が正式名称があるにもかかわらず、あだ名の方が有名になっています。

 

 

風や波の浸食によってできた崖の形が大聖堂(カテドラル)のアーチや丸天井の形に似ていることからこの名前がついたそうです。中には30メートル以上の高い崖もあります。自然が創り出した芸術的な崖や岩の形、そして洞窟などは、引き潮の時間帯に砂浜を歩きながら間近で見て楽しむことができます。

 

カテドラル・ビーチの干満の時間は?

このビーチに行く前に必ずチェックしなくてはいけないのが、潮の干満の時間です。せっかく晴れた日にビーチへ行っても、満潮の時間であれば砂浜を歩くことはできませんので、この点はご注意ください。

2017年のカテドラル・ビーチの干潮の時間についての表はここをクリックしてください。

ガリシア語でBaixamarが干潮、Preamarは満潮を意味します。

Xaneiro(1月)、Febreiro(2月)、Marzo(3月)、Abril(4月)、Maio(5月)、Xuño(6月)、Xullo(7月)、Agosto(8月)、Setembro(9月)、Outubro(10月)、Novembro(11月)、Decembro(12月)となります。

 

このビーチへの入場制限がある理由は?

2015年7月より、このビーチへ入場制限がかかりました。観光客の増加による下記2点の危険を防ぐためです。

  • ビーチの砂浜へアクセスできる階段は、せいぜい2人が入るほどの広さで長さも結構あります。潮の満ち引きが激しいこのビーチで、大勢の観光客が砂浜にいる時に時間前に観光客全員が上に登れない危険性があること。
  • 砂浜を歩いている間に、観光客が洞窟をはじめあらゆるところに入ることで、自然へのネガティブな影響はもちろん、観光客自身にも危険があること。

ちなみに、観光客でいっぱいのカテドラル・ビーチがどんな状況になるのかを表す写真があります。2014年4月のイースターの時期の写真です。

 

出典: http://media.lavozdegalicia.es

この写真を見ると、入場制限をした1番目の理由も納得できますよね。

 

入場制限の時期はいつ?入場制限期間にビーチへ行く方法は?

州政府が決めた入場制限の時期は、観光客が増えるイースター(聖週間)と夏の2つの期間です。

2017年の入場制限期間は下記の通りです。

4月7日~4月17日

7月7日~9月17日

 

 

ガリシア州のサイトから事前予約しなくてはなりません。ビジット希望日の30日前から予約ができます。

 

 

カテドラル・ビーチを訪れるベスト・シーズンとは?

 

夏と言いたいところですが、先ほどの画像のような状況が起こります。ネットでは、人がいない砂浜にアーチ状の崖がある写真を見ると神秘的で非常に魅力的ですが、実際に行って見たら人ばかりでガッカリしたということにもなりかねません。

 

ピークシーズン以外で5・6・10月などは天気がそれほど崩れないのでいいかなとは思いますが、私がこのカテドラル・ビーチにいったのは2015年の1月です。

 

寒かったですが、天気の良い日だったので人は少なく、ゆっくりと砂浜での散歩を楽しむことができました。

 

 

 

カテドラル・ビーチへのアクセス方法は?

 

車で行かれることをお勧めします・・・が、日本からスペインへ行く場合、車でと言われても困りますよね。

 

夏の期間、リバデオ(Ribadeo)やルーゴ(Lugo)から特別にカテドラル・ビーチ行のバスが運行します。干潮の時間に到着するようにプログラムしていますが、今年の情報はまだ出ていないようですので、情報が分かり次第、このブログで更新したいと思います。

 

また、リバデオからタクシーでビーチでの滞在時間や近辺の村にも寄ってくれるタクシー観光ツアーもやっています。2・3人で旅行する場合、タクシーを使えばそんなに高い料金を支払わずに効率よく観光もできるでしょう。

 

 

カテドラル・ビーチ近辺でおすすめの場所は?

 

カテドラル・ビーチの近くにリンロ(Rinlo)という小さな昔からの漁村があります。20世紀初めは、クジラ漁の港でもありました。本当に小さな村ですが、漁村の家の壁の色がカラフルでとても素敵な村です。
この村では、ロブスターの雑炊と(Arroz caldoso de Bogavante)が有名です。

 

私は、お昼を食べた後に訪れたのですが、今度行く時はこの料理を食べてみたいなと思っています。

 

村の近くには木材でできた散歩コースがありますので、お腹いっぱいになった後に、海の景色を楽しみながら歩いてみるのもいいと思います。

 

さいごに

カテドラル・ビーチへ行く際のアドバイスや注意点をまとめます。

  • 聖週間や夏は入場制限あり、事前予約をしてビジットのパスをとる。
  • 夏や天気がよくて暖かい日は、タオルを持参して砂浜を裸足で歩いてみると気持ちいいでしょう。
  • 潮が上がる30分前に上に登ること。
  • 風の強い日は、見晴らし台に近づかないこと。

機会があればまた行きたいなと思うぐらい非常に景色が素晴らしい場所ですので、是非行ってみてくださいね。


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す