スペイン・マドリード観光でおすすめのスポットは?2016年のランキングで見る観光客に人気の観光地はどこ?

スポンサーリンク

今年は積極的にスペインの各地を旅行したいと思い、まずはマドリードへ行くことにしました!

 

 

往復で40€(税込み)の航空券を購入、滞在先の予約も済ませました。あとは、限られた時間で効率よく市内観光ができるように観光スポットを調べることにしました。

 

スペイン国内の移動で、格安チケットの探し方を知りたい方は、こちらも合わせてお読みください。

飛行機の格安チケットを調べるサイトや探し方のコツは?
セマナ・サンタ期間中にサンティアゴを訪れていた大勢の観光客に感化され、私も今年はスペイン国内を中心に積極的に旅行をするぞ!と決めました。  お互いの予定を見ながら可能な週末に主人と交代で子...

 

3年ほどマドリードに住んだことがあるのですが、調べてすぐに気づいた事がありました。

  • 住んでいた頃に、マドリード市内の観光スポットをほとんど訪れていなかった。
  • (私の知らない)新しい観光スポットが結構ある。

・・・・これは、最初から観光スポットを調べ直した方がいいなと思いました。(;^_^A

 

2016年の来訪者の数によるランキング情報を参考にして、マドリードで最も観光客に人気のあった観光スポット8か所と各スポットを訪れた観光客の口コミ情報をご案内します。

ランキング情報は、スペインの新聞ABC紙の記事を参考にしています。

 

それでは、第8位から見て行きましょう。

 

第8位

エル・エスコリアル修道院(来訪者数 513,529人)

エル・エスコリアル修道院の面積は33,000㎡。スペインで最も大きな修道院として有名です。

 

一度この修道院を訪れたことがありますが、中に入った記憶がありません。(;^_^A

 

今度はきちんと中を見てみたいし、修道院のサイトを調べていたら11€の一般入場料が自分の場合は無料になることがわかりました! しかし、マドリードから電車の移動で片道1時間はかかります。悩むところです。

 

 

・・・突然ですが、ここで質問です。

 

エル・エスコリアル修道院の次にスペインで2番目に大きい修道院は何か知っていますか?

 

 

 

 

 

 

それは、サンティアゴ・デ・コンポステーラにあるサン・マルティン・ピナリオ修道院です!

 

大聖堂のすぐ横にあるのですが、地元の人を含め意外と知らない人が多いので『隠れた穴場』と言えるでしょう。

 

機会があればすぐ地元のネタへ持っていこうとする自分がいますが、サン・マルティン・ピナリオ修道院についてはまた別の機会に書きますね。

 

マドリードに集中して次へ行きます。^^

 

第7位

カイシャ・フォルム・マドリード(来往者数 648,541人)

出典: http://cdn.traveler.es

2008年からアートの企画展を中心に、音楽やポエムをテーマにしたフェスティバルや家族向けのワークショップなど様々なイベントを行っているようです。

 

家族で過ごせる観光スポットをネットで探していた時に偶然この場所の存在を知りました。観光客はもちろん地元の人にも人気があるスポットなのかもしれません。ここはチェックしてみたいです。

 

第6位

ティッセン・ボルネミッサ美術館 (来訪者数 1,060,000人)

出典: https://upload.wikimedia.org

 

13世紀から20世紀後半までのヨーロッパ絵画約1000点を見ることができます。この美術館を訪れた観光客の口コミで注目したのが以下のコメントです。

  • マドリードの三大美術館(ソフィア王妃美術センター、プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館)の中で唯一フラッシュ無の館内撮影OKの場所がここ。
  • 超有名な絵があるわけではないが、とにかく有名な画家(ドガ、ピカソ、ゴヤ、ダリ、マネ、ルノアールなど)の作品が多くコレクションが充実している。➡訪れた人の満足度が高い。
  • プラド美術館やソフィア王妃美術館よりも人が少なくて落ち着いて見れるが、かなり広いので時間がかかる。
  • ショップで売っているグッズのデザインがよく、値段は高いが自分用のお土産によいかも。

 

世界の名作を見るというのはある意味贅沢な時間ですが、私のようにそれほど美術に強い興味がない人にとっては、美術館を長時間歩くと結構疲れてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

正直、今回は外そうかなと思っていましたが口コミを見ているとやはり行ってみたくなります。

 

第5位

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム(来訪者数 1,200,000人)

スペインの人気サッカーチーム、レアル・マドリードのスタジアムです。

 

スタジアムの芝生を踏んだり、ミュージアムで歴代のトロフィーを観察し、おまけに普段は監督や選手用のベンチにも座ることができるようです。(ガイドなしのツアーです。)

 

このツアーを体験したことはありませんが、レアル・マドリードで働いている人から試合のチケットをもらって何度か試合を見に行ったり、幸運にも試合がない時のスタジアムや選手のロッカールームを見せてもらった経験があります。

 

サッカーファンでない私でもこの時は確かにテンションが上がりました。サッカーファンでなくてもこのスタジアムへ行く価値ありという口コミにちょっと納得しました。

 

第4位

王宮(来訪者数 1,475,421人)

何度もこの建物の前を通りましたが、中に入ったことはありません。マドリードに住んでいた頃の自分は何をしてたんだろう・・と真剣に考え始めました。

 

中の様子をちょっと知りたいなと思って調べていたら、王座の間の360度パノラマ画像を発見しました。見る価値ありますよ! これを見ながら実際に王座の間を見学したいなと思いました。


Salon del Trono del Palacio Real de Madrid

 

第3位

ワーナーパーク (来訪者数 1,680,000人)

出典: http://cdn.paseanual.es

ワーナーブラザースの人気キャラクターやジェットコースターなどの乗り物アトラクションがあります。日本でいうUSJみたいなものですね。

 

子供と行くには楽しそうですが、今回はひとりなのでとりあえずこのオプションはないです。

 

第2位

プラド美術館 (来訪者数 3,033,754人)

かなり昔の話になりますが、プラド美術館へは一度行きました。本当に大きな美術館ですので、闇雲に歩いてみるのではなく、興味のある画家やこの作品だけは見るとか目的をもって行かれるのがいいと思います。

 

堀田善衛氏の『ゴヤ』全4巻を夢中になって読んだ時期があり、プラド美術館へ行ったときはゴヤの作品に絞って見学しました。小説の内容を思い出しながら絵を見ることができ、非常に興味深かったです。

 

口コミでも訪れた人の満足度は高いですが、閉館の2時間前に無料開放されるようですがかなりの長蛇の列ができるようです。

プラド美術館 営業時間、入場無料の時間帯と閉館日

  • 月曜~土曜日 10:00-20:00 (入場無料の時間帯 18:00-20:00)
  • 日曜・祝祭日 10:00-19:00 (入場無料の時間帯 17:00-19:00)
  • 閉館日  1月6日、5月1日、12月25日

旅費の節約という点で入場料の無料はありがたいですが、お金と同じくらい時間も大事な私にとっては事前予約をした方がいいかなという気がします。

 

第1位

ソフィア王妃芸術センター (来往者数 3,646,598人)

出典: http://sitiosturisticos.com

パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリなど現代美術の有名な画家の作品を見ることができます。
ソフィア王妃芸術センターと言えば、やはりピカソのゲルニカです。

 

口コミを見ていても、この作品目当てに行かれる方が多いです。

 

ゲルニカは私もこの美術館で見たことがありますが、やはり迫力がありますししばらく見入ってしまいます。こちらも無料で入れる時間がありますが、やはりかなり並ぶことを予想した方がいいでしょう。

ソフィア王妃芸術センターの入場無料の時間帯と閉館日

    • 月・水~土曜日 19:00-21:00
    • 日曜日     14:30-19:00
    • 火曜日     閉館

まとめ

2016年マドリードの人気観光スポットのランキングはいかがでしたでしょうか。ランキングのおさらいです。

  • 1位 ソフィア王妃美術センター
  • 2位 プラド美術館
  • 3位 ワーナーパーク
  • 4位 王宮
  • 5位 サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム
  • 6位 ティッセン・ボルネミッサ美術館
  • 7位 カイシャ・フォルム・マドリード
  • 8位 エル・エスコリアル修道院

 

どのスポットも非常に魅力的で余計に迷ってしまいましたが、マドリードへ行くのが本当に楽しみになってきました!

 

実際に私が選んだ観光スポットの情報は、画像も含めて改めて別の記事でご紹介しますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

 


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す