スペインのガリシアへ行くならどの航空会社がいい?おすすめのルートは?

スペインガリシア地方へのアクセスについて、日本の旅行会社やスペイン留学斡旋の方から

「ガリシアって飛行機で行くにしても遠いんですよね~。」

とよく言われます。

2013年、トルコ航空がイスタンブール/サンティアゴ・デ・コンポステーラ線の運航を開始すると、日本の旅行会社により北スペインの各都市を回り最後にサンティアゴ・デ・コンポステーラから日本へ帰るツアーが組まれました。

サンティアゴ市内でも日本人観光客グループをよく目にするようになりましたが、運航開始時よりサンティアゴからの乗客数がなかなか安定せず、2016年6月にトルコ航空はサンティアゴ路線から撤退。

エアーフランスを使って、パリからガリシアのビーゴ空港に入るルートもありましたが、2015年にこちらの路線もなくなってしまいました。

日本からガリシアまで一番楽なアクセスルートはどれ?

以前に増してガリシアへのアクセスが悪くなった印象もありますが、大丈夫です!

たった1回の乗り継ぎで日本からガリシアに入ることができます!

夏休みにスペイン・ガリシア地方への旅行を考えている方、飛行機のチケットを探す際に以下の情報を参考にしていただければ嬉しいです。

イベリア航空の直行便+スペイン国内線を使うルート

2006年10月に再開したイベリア航空の直行便のフライト情報に関しては、別の記事で詳しく書いていますが、午前11時20分に成田を出発した飛行機がマドリッドのバラハス空港に到着するのは、17時30分。

そこから、約2時間ほどの待ち時間で乗り継ぎをすることができます。

ガリシアにはいくつ空港があるの?各空港への乗り継ぎ便情報は?

ガリシア州にはア・コルーニャとサンティアゴ・デ・コンポステーラ、そしてビーゴの3都市に空港があり、これら3つの空港にその日のうちに移動が可能です。

マドリッド→ア・コルーニャ

マドリッド出発 19時00分

ア・コルーニャ空港到着 20時15分 (飛行時間 1時間15分)

マドリッド→サンティアゴ・デ・コンポステーラ

マドリッド出発 21時40分

サンティアゴ、ラバコジャ(Lavacolla)空港到着 22時50分(飛行時間 1時間10分)

マドリッド→ビーゴ

マドリッド出発 19時40分

ビーゴ、ペイナドール(Peinador)空港到着 20時55分 (飛行時間 1時間15分)

【2017年3月~】ドイツ・ルフトハンザ航空に乗ってサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港へ到着するルート

2017年3月27日から、ルフトハンザ航空がフランクフルト/サンティアゴ・デ・コンポステーラ線を週3本、4月9日からミュンヘン/サンティアゴ・デ・コンポステーラ線を週1本運航します。
ルフトハンザは日本の成田・羽田・関西・中部空港からフランクフルトまでほぼ毎日運航便があると思います。

特に関東以外のところから出発される方、フランクフルトでの乗り継ぎ便の時間を調べてみてください。

 ブリティッシュ・エアウェイズを使ってア・コルーニャ空港へ到着するルート

年末年始の一時帰国では、スペインから日本の往路はイベリア航空の直行便を、日本からスペインへの復路はブリティッシュ・エアウェイズを利用しました。

この時のブリティッシュ・エアウェイズの搭乗レポートはこちらをどうぞ。

成田からロンドンまで飛び、ヒースロー空港でVueling社(ブエリング)のア・コルーニャ空港行きの飛行機に乗り継ぎました。

フライト時間の詳細は、旅行会社にて必ずご確認くださいね。


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す