【スペイン今週の注目ニュース】Twitterの過去のツイートで禁固刑1年に!?その理由は?ツイートの内容は?

突然ですが、あなたはツイッターのアカウントをお持ちですか?

使用頻度や目的が異なっても、何度かつぶやいたことがあるという人がほとんどではないかと思います。

もし、何年も前に冗談半分でつぶやいた過去のツイートが理由で禁固1年の有罪判決を受けたとしたら、あなたはどうしますか?

これは、今週木曜日の3月30日にあるスペイン人女性に起こった実際の出来事です。

スペイン国内はもちろん、外国のメディアも注目した今回の件について、経緯から有罪判決を受けてのスペイン国内での反応などをまとめました。

有罪判決を受けた女性とは?

出典: http://cdn27.hiberus.com

彼女の名前はカサンドラ・ベラ(Cassandra Vera)さん、21歳。現在、歴史を勉強している大学生です。彼女のツイッターのアカウントを見ると、2010年7月、現在の年から逆算すると13~14歳の時からツイッターを使用しています。

起訴の理由は?

2013年11月から2016年1月の間に彼女がETAによるカレラ・ブランコ首相の暗殺事件についてつぶやいた13のツイートが被害者を侮辱しテロリズムを称賛している内容であるというのが起訴の理由です。

ルイス・カレロ・ブランコの暗殺事件とは?

出典: http://ep01.epimg.net

スペインの軍人(海軍大佐)・政治家。長らくフランシスコ・フランコの腹心であり、1973年にはその後継者として首相に就任したが、わずか半年後にバスク祖国と自由(ETA)によって暗殺された。

 

首相就任から約半年後の1973年12月20日、カレーロ・ブランコはミサを授かってから午前9時20分頃に教会を出て帰路に着いた。伴走車1台とともにクラウディオ・コエリョ通りに差し掛かると、車道の下に仕掛けられた爆弾が爆発した。公用車であるダッジ3700GTは爆弾の衝撃で空中に舞い上がると、高さ十数メートルの修道院の建物を飛び越えて修道院の2階の中庭に落ちた。カレーロ・ブランコは病院に運ばれたが、側近や運転手と同じく即死だった。クラウディオ・コエリョ通りには直径10m以上の穴が開いた。
引用元: Wikipedia

どんなツイートをしたの?

13のツイート全てについてふれませんが、〈カレロ・ブランコも自分の車で未来に帰ったの?#バックトゥーザフューチャー〉とか〈ハッピー12月20日〉というメッセージに爆発した場所の写真やカレロブランコが載っていた車の画像をアップするといったものがありました。

 

なぜ4年前につぶやいたツイートで今起訴されたの?

スペインでフランコ政権の時代から現在の政治状況や個人の政治家についてまで、ブラックユーモアのきいたツイートを目にすることは珍しいことではありません。

だからなんでもつぶやいていいとは思いませんが、私が理解できなかったのは、なぜ4年前につぶやいたツイートで彼女が今起訴されるのかということでした。

スペインの治安警備隊(Guardia Civil)は、2014~2016年までの2年間にフェイスブックやツイッターといったソーシャルネットワークでテロリズム称賛や被害者を侮辱するコメントをする者を追跡し、77人が逮捕されました。(現在、2人が無罪、42人が有罪、33人はこれから裁判をするという状況です。)

情報元: Elpais.com

判決の内容は?

もともと禁固刑2年半を求めていましたが、これに対してカレロ・ブランコ氏の孫の女性が自分の祖父についてのツイートで禁固刑を求めのは常軌を逸しているとスペインの全国紙エル・パイスに手紙を書きました。

今夜の番組で判決文書を分析した大学のある教授は、実際に彼女が牢屋に行く可能性は少ないかもしれないが、教師になりたいと思っていた彼女にとっては今後7年間公務員試験を受けることも一切できなくなるとコメントしていました。

さいごに

今回の判決を受けたカサンドラ・ベラさんは、上訴を考えているようですが、すでにカレロ・ブランコについてのツイートで最高裁判所が有罪の判決を出した例があります。

表現の自由とは?というテーマも含め、今回の判決に政治家から一般の人まで彼女を擁護する人が出ています。

番組に出演していたうちの1人が、「カサンドラのツイートで禁固刑を言い渡していたらスペインの牢屋に入りきらないくらいの人が出てくる。」といったコメントがとても象徴的だと思いました。

今回は、スペインの観光情報とは全く異なる内容でしたが、色々考えさせられるテーマだったので書いてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す