【2017~20年】スペインの夏時間はいつから?夏時間から冬時間への変更は?

前回の記事で3月のスペインの天気や気温について触れましたが、3月下旬には冬時間から夏時間へ変更しますよとお伝えしました。

この時期に観光でスペインに滞在される方には是非気をつけて欲しいなと思うのは、ある自分の実際の体験があるからです。

 

初めてスペインへ行った時のことです。スペインを出発する日は、朝早い時間のフライトに乗る予定だったので、寝坊してはいけないとホテルのレセプションにモーニングコールを依頼することにしました。

 

部屋の電話を片手に、旅のスペイン語の本を読みながら(笑)モーニングコールをお願いしますと伝えました。頭の中でレセプションの人が「何時ですか?」と聞くのを想定し希望時間を言おうと待ち構えていると・・・

 

「○¥○♯%∞*※▽□¥∴☆∂♂≠¥℃÷♂」

 

 

となんだか色々説明されました。

 

「ごめんなさい、もう一度説明してくれますか?」と答えると、今夜夏時間へ変更するから気を付けてねという内容だったのです。

 

このレセプションの方との会話がなかったら、飛行機に乗り遅れていた・・っとホッとしたのを覚えています。

 

夏時間への変更するのはいつ?夏時間の期間は?

サマータイム(夏時間)とは、夏の間に日照時間を有効活用するために時計を1時間進めることです。
毎年3月の最後の日曜日の深夜2時を深夜3時にします。

 

サマータイムが導入される期間は、3月最終日曜日の深夜2時から10月最終日曜日の深夜3時までです。

 

2017年から4年後の2020年までの夏時間変更日と夏時間から冬時間の変更日はこの記事の最後にご案内します。

 

スペインはいつからサマータイムを導入したの?

スペインでは第一次オイルショックを機に1974年から導入されました。
その後、EUでもEU諸国は全て1年に2回(3月最終日曜日と10月最終日曜日)時間を変更することを決めています。

 

スペイン人はサマータイム導入についてどう思っているの?

サマータイムのメリットと言われるエネルギー節約について賛否両論あります。冬時間から夏時間に変更する日は睡眠時間が1時間少なくなるので、睡眠不足になって慣れるまでに大変だと感じる人がいます。

 

ちいさい子供やお年寄りの生態リズムへの悪影響を指摘する声もあります。私は小さい子供がいるので、時間変更直後は特に、食事やベッドに寝かせる時間になると「変更前の時間では、もう●時だから夕食をあげなきゃ・・」となることがあります。

 

日照時間を有効活用して外での活動時間が増えるといっても、ガリシアでは夏に夜の21時を過ぎても明るいので、感覚が少しおかしくなることもあります。

 

2017年から2020年まで冬時間から夏時間への変更日はいつ?

2017年 3月26日 日曜日 2:00 →3:00
2018年 3月25日 日曜日 2:00 →3:00
2019年 3月31日 日曜日 2:00 →3:00
2020年 3月29日 日曜日 2:00 →3:00

2017年から2020年まで夏時間から冬時間への変更日はいつ?

2017年 10月29日 日曜日 3:00 →2:00
2018年 10月28日 日曜日 3:00 →2:00
2019年 10月27日 日曜日 3:00 →2:00
2020年 10月25日 日曜日 3:00 →2:00

旅行中に時間変更日が当たっている場合は?

時計や携帯で自動時間変更機能がついているものであれば特に心配することはありませんが、そうでない場合は夜寝る前に1時間進めて設定しておくといいでしょう。

夏時間から冬時間への変更の場合は、その逆で1時間戻して設定してください。


夏時間への変更日に飛行機や電車などの交通機関を利用する場合は、時間変更をきちんと早くしておかないと乗り遅れるといったことにもなりますので、ホテルのレセプションにモーニングコールをお願いするのもひとつの方法でしょう。


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す