表参道に出店したブボバルセロナとは?口コミで美味しいと評判のチョコレートは?チョコレート以外のおすすめは?

今日2月14日は、バレンタインデー。

チョコレートに関連したテーマということで、今月上旬に東京・表参道に1号店をオープンしたスペインのパティスリー「ブボ・バルセロナ」についてお話しします。

ブボバルセロナ(Bubo Barcelona)ってどんなお店?

2005年にバルセロナ1号店をオープンしたブボは、たった4年でバルセロナ市内に3店舗をオープン、近年はドバイに2店舗、東京の表参道に1号店をオープンするという成長著しいパティスリーです。

スペイン・バルセロナでは、パティスリーの他にもタパス・バーやケータリングサービスも行っており、少なくとも私が持っていたケーキ屋さんのイメージとは大分異なります。(表参道店は、1階がブティックで2階がカフェになっています。)

ブボってどんな意味?

この名前を聞いた時、ブボ(bubó)ってどんな意味?と思ったので調べてみました。

bubóとは、カタルーニャ語でチョコレートボンボンを意味するbomboをきちんと言い切れない子供の言葉だそうです。

高級チョコレートのイメージとは違い、親近感を持てるカワイイ名前です。

 

ブボ・バルセロナのパティシエ、カルレス・マンペル氏とは?

出典: http://www.pastryrevolution.es

ブボの創設者でありパティシエであるカルレス・マンペルさんは、スペイン・バルセロナ生まれで、1999年にスペイン最優秀パティシエに選ばれました。その後も世界のコンクールで賞を受賞したスペインを代表するパティシエです。

カルレス・マンペルさんは、最近チョコレートとガリシア産のワカメからできるお菓子の製作に携わっているようです。自分の体は自分が口にするものでできている。健康について考えたときに、思いついたのがこのコンビネーションだったそうです。

東京のデパ地下へ行けば、世界各国の有名なパティスリーのケーキを食べることができますが、ブボ・バルセロナが他と差別化できるのは、彼のこういった終わりのないクリエイティブ性、そしてそこから生まれる新しいデザインや味なのかなと思いました。

口コミで美味しいと評判の商品はどれ?

ボンボンショコラでも12種類のフレーバーがあり、その他のチョコレート商品やケーキも並んでいると、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

実際にブボ・バルセロナのケーキやチョコレートを食べた人達の口コミで美味しいと人気の商品を紹介します。

世界一と言われたチョコレートケーキ「Xabina(シャビーナ)」

出典: https://ojiplaticosdotcom.files.wordpress.com

○○コンクール優勝とか世界一って言われるとやっぱりどんなものなのか気になりますよね。パティシエの世界コンクールで世界一になったシャビーナは、チョコレートムースやバニラシロップを染み込ませたスポンジをチョコレートコーティングしています。濃厚で美味しいとやはり人気です。

スペイン現地でも人気、本当におすすめの一品は?

ブボ・バルセロナの口コミについて、バルセロナのお店を訪れた観光客や現地に住む日本人、そして今回表参道店を訪れた方の口コミで多くの方がススメていたのが、このマカダム。

マカダミアナッツをチョコレートでコーティングしています。

「塩気とチョコレートの甘みのマッチが本当に美味しい‼」とか「ケーキだとお土産に持って帰りづらいけど、これなら大丈夫。」と本当に人気があって目を引きました。

ヨーロッパのチョコレートは一般的に日本のチョコレートよりも甘いですので、甘すぎるのはちょっとという方にも、この塩気とチョコレートがうまく調和したマカダムはおススメです!

チョコレート以外におススメの商品とは?いつから買えるの?

ブボバルセロナはチョコレートだけじゃないよということで、パンも是非試してみてください。スペインでブボのクロワッサンへの評価も高いです。

パンに関しては、2月下旬から販売されるそうです。

これからブボ・バルセロナ表参道店に行かれる方は、是非試してみてくださいね。

お店の情報を下記載せておきます。

【ブボ・バルセロナ表参道店情報】

住所: 東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道B棟

営業時間: 11:00~20:00


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す